最新・カモメ情報 2013.3.1 皇居 M.Ujihara


カナダカモメ Larus thayeri 第2回冬羽(2013:上), 第1回冬羽(2012:下)
昨年度々観察した第1回冬羽個体(下)と同一と思われる第2回冬羽(上)が観察できた。カナダカモメの中でも小柄で嘴が小さい個体で、羽色・模様はワシカモメ寄りのタイプではなく、セグロカモメ寄りという点も共通している。












カナダカモメ Larus thayeri  (右)
前回も観察した成鳥。前回は水浴びで翼が乱れた状態だったので気付かなかったが、今回よく見ると昨年12月25日夕方に銚子で観察した個体と同一と思われる。


2013年3月1日皇居(上)と2012年12月25日銚子(下)
一見少し印象が異なるのは、姿勢や羽毛の立て方の状態、及び時期が進んで嘴の黄色が鮮やかになっていることが主な原因。そうした変化しやすい要素を除いて特徴をよく見ると見事に一致している。特にP6-P8の巨大な白斑と、その割に極端に小さなP9-P10の白斑の組み合わせは特徴的。




2012年12月25日銚子(左),2013年3月1日皇居(右)
P9は左翼ではミラーを欠く、カナダカモメとしては特異なパターンだが、右翼は通常のパターン。この左右非対称性は個体識別においてかなり決定的な特徴。P10裏面の色ムラの入り方も一致している。全体に銚子の画像の方がパターンがややセグロ風に黒くつぶれて見えるが、これは翼先の開き加減に加えて、夕暮れ時でISOを上げて粒子が荒れていること、及び露出アンダーによるものと考えれば十分説明がつく。





カナダカモメ Larus thayeri
前回も観察した翼の黒色が多い個体。