最新・カモメ情報
2011.10.24 神奈川県川崎市/東京都大田区 多摩川河口   M.Ujihara


ユリカモメ Larus ridibundus  成鳥夏羽→冬羽
極度に換羽の遅れた個体。初列風切はP10とP9が旧羽で激しく磨耗して先端部はほとんど羽軸だけになっている。他の個体は完全に冬羽に換羽していて、初列風切も旧羽を残しているものはいないので、その中でこの個体だけが極めて突出していた。


ユリカモメ Larus ridibundus 成鳥夏羽→冬羽



 


ウミネコ Larus crassirostris 第3回冬羽


ウミネコ Larus crassirostris 第3回冬羽
初列風切先端の白斑は微小。次列風切に黒斑がある。


ウミネコ Larus crassirostris 第3回冬羽
尾羽の黒帯は広い。三列風切基部に黒褐色斑がある。


 

ウミネコ Larus crassirostris 第3回冬羽 別個体


ウミネコ Larus crassirostris 第3回冬羽


 

オオセグロカモメ Larus schistisagus  第2回冬羽
上面の灰色部の広がりが早く第3回冬羽とやや紛らわしいが、嘴、尾羽、初列風切のパターンなどから第2回と思われた。


内側初列風切P1-P4が換羽している




オオセグロカモメ Larus schistisagus  


オオセグロカモメ Larus schistisagus 成鳥冬羽
初列風切は新羽が伸長中。旧羽はない。




セグロカモメ(?) Larus vegae(?)
セグロカモメとしては初列風切の換羽がかなり早く、標準的なモンゴルセグロカモメと同等。黒色部もP10-P3の8枚にある。ただし例年この時期の観察で、このようなやや若い個体には換羽の早い傾向が見受けられること、若い個体では初列風切の黒色部が多い傾向があること、頭の斑が太めで多いこと、観察地が日本であることなどを考えるとセグロカモメの可能性の方が高いか?しかし一方でこれまでの標識個体の例などから類推して、モンゴルセグロカモメにもこれとほぼ同じように見える個体がいるのではと思う。

 
セグロカモメ(?) Larus vegae(?)