最新・カモメ情報 2009.3.5 皇居 O& M Ujihara

相変わらず200羽くらいのカモメ類を観察できた。ほとんどの個体は濠に舞い降りてきてで水浴びをした後建物に止まって羽繕い・休憩の後出て行くというパターン。


セグロカモメ  
Larus vegae


オオセグロカモメ  
Larus schistisagus





カナダカモメ Larus thayeri  第2回冬羽
引き続き同じ個体を観察できた。












 

モンゴルカモメ
 Larus (?) mongolicus
22日と同一個体。かなり遠くに浮いていたがなぜか正面顔でこの個体とほぼ確信した。その後水浴びを少し撮影したがすぐに見失ってしまった。


22日の観察同様、左翼P10〜P3まで8枚分黒色部があり、P4は内弁・外弁両方に黒斑がある。ミラーの大きさ・形状もしっかり一致している。