最新・カモメ情報 2008.12.28 銚子漁港  O&M.Ujihara

前日より数が増えて“礁前”防波堤がほとんど埋まっている。カナダカモメも引き続き頻繁に見つかり9個体を撮影できたが、面白いことに前日とは個体が全て入れ替わっていた。


カナダカモメLarus thayeri 第2回冬羽




カナダカモメLarus thayeri 成鳥or第4回冬羽







 

カナダカモメLarus thayeri 第2回冬羽




 

カナダカモメLarus thayeri 成鳥冬羽






 

カナダカモメLarus thayeri 成鳥冬羽







 

カナダカモメLarus thayeri 第3回冬羽




 
 
カナダカモメLarus thayeri 成鳥冬羽
20日にも撮影した毎年渡来している大きい個体。






カナダカモメLarus thayeri 第2回冬羽




 

カナダカモメLarus thayeri 成鳥冬羽




モンゴルカモメ? Larus (?) mongolicus? 成鳥冬羽
かなり雰囲気はそれらしかったが、あまり観察できないまま飛び去ってしまった。わかりにくい個体を見逃している可能性も大いにあるが、カナダカモメに比べて随分少ない。



初列風切の黒色部は6枚しか見えないが、P4(外から7枚目)は外弁に小さな黒点がある程度だと下面からは見えない場合もある。


 

’Taimyrensis' 幼羽→第1回冬羽




 

アメリカセグロカモメ Larus smithsonianus 第4回冬羽
前日のものとは別個体。こちらは今期何度か観察されている個体で、2007年3月1日に観察した第2回冬羽と同一と思われる。