最新・カモメ情報 2008.2.15 銚子漁港 M.Ujihara



(推定)モンゴルカモメ Presumed Larus(?) mongolicus 第3回?冬羽
頭が白く、脚は長めでかなり淡色。初列風切の突出は長く、セグロカモメの群中ではかなり異質に見えた。顔つきや嘴の形状、出現パターンなどから、同所で一昨年に第1回冬羽で観察しているモンゴルカモメと同一かと思われたが、後で画像を見比べると今回の方が脚がやや短めで翼は逆に長いような印象があり、別個体のようにも見える。仮に別個体とすると、まず候補として考えられるのはmongolicus, barabensis, cachinnans, taimyrensis あたりで、分布なども含めて総合的に考えるとやはりmongolicusの可能性大かと思うが、この年齢の場合、1年目に雨覆や尾羽等がどういう色パターンだったのか、および成鳥になると嘴や脚の色がどうなるのか、といったことがどちらも判らず手がかりが少ないため、他の年齢に比べてやや判断に迷うことが多い。




初列風切の黒色部は7枚で黒の面積もかなり広い。飛翔時も翼がかなり長く尖った印象が強い。


参考:モンゴルカモメ 2006.12.8 中国