最新・カモメ情報 2008.2.15 銚子漁港 M.Ujihara


ホイグリンカモメ
 Larus heuglini (or 'taimyrensis'?)
♂的な大柄な個体で、脚が太長く見えた。上面のグレーはセグロカモメ群中では明らかに濃く、淡めのウミネコ(右奥)程度で、周囲のセグロカモメと比べて青みに欠ける。初列風切の換羽は未完了。ただし黒はP10-P5まで。少なくともよく見かける多くのホイグリン系個体('taimyrensis’)とは異なり、heugliniの範囲内といってもいいように見えた。