最新・カモメ情報
 2006.1.12 銚子漁港  M.Ujihara



カナダカモメ Larus thayeri(左)
川面から上がってきたらしく、いつの間にか目の前にいた。新個体?のようだが、セグロカモメの群中でひときわ背が低くて嘴も細いわかりやすい個体で、双眼鏡の視野に入った瞬間にカナダカモメとわかった。頭の高さは首の伸び縮みでも変わるので、肩の高さを見ると差がわかりやすいかと思う。いつもの(87B)は見つからなかった。




P9のパターンが見える。



カナダカモメ Larus thayeri 幼羽/第一回冬羽

妙に小柄で淡色の第一回冬羽が飛んできたので反射的にシャッターを押した。目の前を通過してそのまま上流方向へ飛び去ってしまったが、やはりカナダカモメだったようだ。D50がなかったらそのまま見送っておしまいだっただろう。



index