最新・カモメ情報 2005.4.10 酒匂川 M.Ujihara


モンゴルカモメ Larus cachinnans(?) mongolicus


激しく磨耗していて全身かなり白い、尾羽の帯が狭い、首や翼、体など、全体に長く見える、等々の特徴が揃っているのでモンゴルカモメでいいかと思うが、ただし全体に模様が不明瞭な癖がある点は少し気になり、3月15日銚子で観察したようなこういった個体に比べるとやや解り辛い。腋羽もほとんど縞になっていないように見える。この辺どこまで幅があるのかは今のところよくわからないのでそこは今後の課題だが、他種の例から想像するとこの程度の個体差はあっても何ら不思議でないようには思う。


色彩は磨耗したオオセグロカモメにも似て見えるが、形や顔つきは明らかに異なり、明らかにオオセグロではなくセグロ/モンゴルの系統だということがすぐにわかった。初列風切の黒味が強く、淡色部とのコントラストが強いのもポイント。手前はオオセグロカモメ。














全体に随分と長い感じに見える。


セグロカモメ Larus vegae



翼や首など、全体に短く縮んだ感じ?に見える。もちろんこの辺も個体差や姿勢、見る角度などそのときの状況で見え方は色々なので全く一概に言えるわけではないが、傾向としては言えるように思う。