カナダカモメ 2005年3月26日 千葉県銚子市銚子漁港 撮影・氏原巨雄


第1回冬羽(正確には磨耗した幼羽) 見つけた瞬間は形や全体のバランスからカナダカモメではないかと思ったが、比較できるカモメがそばにいなかったのと、擦れて模様がはっきりしないのとで、現場では断定は出来なかった。画像をチェックして見るとカナダカモメの特徴がよく出ていると思う。肩羽の幼羽をこの時期まで換羽しないのもカナダカモメの特徴だ。全体のバランスで言うと、足が華奢で短く細い。初列風切が長いのも目立つ。







第2回冬羽


成鳥冬羽87A 例年は出現頻度は高くないが、今シーズンは毎回、夕方にカモメの群れの左端で休んでいるのを見ることが出来た。