最新・カモメ情報 2005年3月26日 千葉県銚子市銚子漁港 氏原巨雄


 カモメの数は少なくはなかったが、銚子に着いた時はハヤブサが掻き回した後だったので、観察条件のいい礁前にはカモメがいなかった。やはり最近の傾向でただカモメが多い。来る度にいるカナダカモメ第2回冬羽個体がまたいたが、今回もやや距離があり正面向きの上、突然飛び立たれたのでまたもいい条件で撮れなかった。もう1羽第2回冬羽がいたがこれも逃してしまった。第1回冬羽を今シーズン初めて見ることが出来たが、これも少し遠い距離だった。
 飛翔中のコカモメ(カモメの北米の亜種または独立の種)のパターンを持つカモメがいた。降りたところを見てその小ささ、小さな嘴、頭の斑などからコカモメでほぼ良いだろうと思ったが、すぐに座って正面を向いて寝てしまったので、それとわかる写真は撮れなかった。
 ホイグリンカモメの第3回(または第4回?)冬羽個体と第1回冬羽がいた。どちらも中東で見たホイグリンカモメと異なる部分はなかった。
   
  シロカモメ ホイグリンカモメ  
   
  カナダカモメ クロワカモメ