モンゴルカモメ(?) Larus cachinnans? mongolicus?
2004.4.9 小田原市酒匂川 


この個体の初列風切の黒色部はP10からP3までの8枚。8枚となるとセグロカモメ(vegae)の否定材料としてはかなり有力ということになるかと思うが、一方ホイグリンカモメでは7枚かそれ以上の個体が普通だと思うので、やはりこれもそれ一点だけで「決め手」になるポイントではないと言える。この個体の場合とりあえずvegaeではないと思うのだが、反面ミラーはP10の1個のみで小さめだったり、嘴の赤斑は比較的大きめだったり、脚はピンクだが微妙にトーンが淡いベージュに傾いている?ように見えたりと、なんとなくホイグリン系個体と共通する傾向もあるように感じた。しかし繁殖地のモンゴルカモメでも別段初列風切のパターンもこれと全く同じものがいたりと、元々ホイグリン系にも通ずるような傾向も結構あるように思うので、やはりこの個体もモンゴルで問題ないようにも思う。一応表題には「?」を付けてみたが、vegaeとの違いという意味では逆に判りやすい個体のようにも見える。この辺がモンゴル成鳥の難しさなのだが、100%どうこうといった類の話ではなく、いつも書くことだが、繁殖分布の近さも考慮し「外見上一番近いのはモンゴルだと思う」「特に矛盾点はない」といった範囲の判断でとりあえず「モンゴルカモメ」と表記している場合も多いのでその辺は念の為。

Back