<<左フレームのサムネイルをクリックすると各個体の画像が見られます。
2004年3月5日 銚子漁港のモンゴルカモメ

銚子漁港では、無数といっていいほどのセグロカモメ(vegae)が越冬している割にはモンゴルカモメは意外に数が少なく、ある程度意識して探してもほとんど見つからない日も多い(カナダカモメ他に時間を取られるせいでもあるかもしれないが・・・)。また冬半ばにそういう時期が数ヶ月(?)続くこともあるようにも思う。しかし銚子のカモメ類は微妙な時期や時間的なタイミングによって個体が相当に入れ替わっているようで、特定の種/亜種が立て続けに何個体も現れたり、逆に日や時間帯によってはほとんど見られなかったり・・・ということがある。

2004年3月5日、この日はどうもモンゴルカモメ成鳥の“当たり日”だったようで、かなりの数(10個体以上?)を観察できた。普段セグロカモメの群れを観察していてたまにかなり頭の白い個体が混じっていても、初列風切のパターン等が今一つモンゴルカモメに合致しない場合もしばしばあるが、興味深いことにこの日観察したものに関しては、頭の白さ等から「モンゴルカモメらしい」と感じて注目した個体のほぼ全てが初列風切の黒色部がP10からP9までの7枚に及ぶモンゴルカモメの典型的なパターンを備えていた。また逆に、どこからか防波堤上に飛来する瞬間に初列風切の黒の多さが非常に目に付いて注目した個体が、やはり頭が白く嘴に黒斑がある等のモンゴルカモメらしいの特徴をよく備えてた、ということもあった。

なおモンゴルカモメ成鳥の識別は、「決め手」と言えるような特徴はなく、あくまで様々な特徴の“傾向”による総合判断であり、もちろん簡単なわけではない。またこの時期には初列風切の換羽時期については判断できないという問題ももあるにはあるので、別段「全ての個体が全く100%間違いないか」などといったところまで保障する気もないが、繁殖分布の近さや現在までのカモメ類全般の観察経験等から考えても、少なくともこれらの個体の多くはモンゴルカモメだと思う。いずれにしてもこの日の観察は非常に興味深いものだった。

<<左フレームのサムネイルをクリックすると各個体の画像が見られます。


▼参考:セグロカモメ (vegae) 2001年 3月10日 行徳