2004112日千葉県銚子市銚子漁港のカモメ

撮影・新條正志氏
--------------------------------------------------------------------------------
カナダカモメ1:この個体は4年目の渡来となるこの個体1年目2年目3年目

--------------------------------------------------------------------------------
カナダカモメ2

--------------------------------------------------------------------------------
この個体は背の色、淡色の虹彩、頭の斑の質などからウスセグロカモメsmithsonianus(独立の種としてヨーロッパのargentatusから分ける場合はアメリカセグロカモメ)の可能性が考えられるが、初列風切の黒斑がP6までしかないのが少し気にかかる。アラスカの写真などに同様の例が見られるので問題はないのかも知れないが、smithsonianusとしてはかなり少ない例のように思われる。