2003.12.26 銚子 Page2


カナダカモメ L.thayeri
防波堤が一番遠くなるあたりにカナダカモメがいた。これまで見た個体の中にもどうも該当個体はないようだ。かなり小さい個体で眼は淡色、眼の周囲はアザのように色がついている。初列風切の裏はかなり白い。こんな遠くの個体は昔なら撮りようがないので諦めていたものだが、考えれば便利になったものだ。


正面姿も典型的なカナダの形。嘴も小さい。


翼下面の白さに注目。上面は撮れなかったが、飛び立ち時に見たところカナダカモメの中でもかなり淡色部が多い綺麗なパターンだった。


‘ホイグリン系’個体

背の色はセグロカモメとあまり変わらないが、嘴の赤斑が物凄くて面白いので撮っておいた。銚子でもホイグリン系個体は結構いるが、それ以上に純セグロカモメが多すぎてあまり目立たないのと、カナダなど他ので忙しいのでほったらかしにしているというところも実は大きい。



オオセグロカモメ第1回冬羽

 
 

セグロカモメ第1回冬羽



シロカモメ第1回冬羽
どうもまだシロカモメが少ないようで、結局2羽しか見なかった。

Home