最新・カモメ情報 
2003.3.26 銚子漁港  M.Ujihara


▲いつものカナダカモメ 今日は着くなり最上流側にいるのを見つけた。


クロワカモメ ほとんど夏羽に近くなった。(クリックでさらに)


▲午後になって船が近くを通過、繁殖モードに入ってそわそわしているウミネコ達が大騒ぎしながら次々飛び立ち始めた。つられて群れ全体がどんどん海側に後退して数も減ってしまった。このところ気温も上がっているし、さすがに時期的に全体がなんとなく浮ついたような雰囲気で、シーズンも終わりが近いことが実感される。

仕方なく千人塚方面に移動して観察を続けたが、カナダもクロワもこちらに移動して来ていた。Caspian Gullではないか個体を探し続けたが、スコープを何度左右に振っても毎回同じ所でお馴染のクロワとカナダが引っかかるのみで、それらしいものは見当たらない。

結局日が落ちて群れが解散しはじめてしまい終了・・・。

もどる