最新・カモメ情報  2003.1.16 銚子漁港 M.Ujihara


到着時は漁船もほとんどおらず、カモメも非常に少なくて唖然としたが、その後次第に漁船が入港してカモメもそこそこ増えてきた。


▲セグロカモメ 成鳥冬羽 


▲カナダカモメ 成鳥冬羽 相変わらずいつもの個体。


▲カナダカモメ 成鳥冬羽 新個体 


▲シロカモメ成鳥冬羽 成鳥は他にもう1羽いたのみ。


シロカモメX?? 第1回冬羽 このところこの付近に居ついているようだ。やや小さめで嘴が黒っぽく、初列風切は白ではなく色が付いている。飛翔時は通常のシロカモメより暗色に見える。色彩はアイスランドカモメ亜種kumlieniに近いが、嘴は小さくなく、全体の形態のバランスも特にそれらしい感じはなかった。シロカモメと何かの雑種?のように思われるが、詳しくはよく判らない。


シロカモメ 第1回冬羽 
これぞシロカモメ、という感じの大きい個体。この右に5・6羽並んでいたオオセグロカモメ・セグロカモメのどれよりも大きく、角張った印象が強い。嘴もピンクと黒に明瞭に分かれている。こういう大きい個体は銚子では割合からして意外に多くない。