チャガシラカモメ Brown-headed Gull (Larus brunnicephalus)
  2002年5月30日茨城県鹿島郡波崎町  撮影・大沼晧祐氏
  これらの写真は2002年5月30日午後、波崎新漁港造成地の浜で大沼晧祐氏によって、波崎海水浴場側から撮影されたもの。

 
 
 
 
 
 

形態は、ユリカモメより胴回りが
太く、がっしりとした感じを受ける。
翼はユリカモメより短いように
見える。虹彩の色はこの写真で
も正確には確認できないが、
淡色のように写っているようにも
見える。


 
 
 

翼の先端の黒い模様でユリカ
モメと明白に区別できる。また
黒色部の内側の大きな三角状
の白色部もチャガシラカモメの
特徴。
翼の後縁がゴビズキンカモメや
ズグロカモメのような白帯状に
なっていない。


 
 
 
 
 

翼の先端近くに白いミラーがある。
ユリカモメは翼下面の前縁先端
寄り(p10、p9)が細長く白いが、
この個体はその部分がミラーを
除いて黒い。
 


 
 
 
 

チャガシラカモメのミラーは2個
の個体が多く、3個の個体もいる。
この個体は大小2個のミラーが
あるようだ。


Back