最新・カモメ情報

 2002年1月14日の銚子漁港 14年連続渡来していたカナダカモメの2個体は15年目の
 今シーズンは渡来するのか注目していたが、14日、2個体とも確認できた。
 これで今シーズン確認したのは成鳥4個体と幼羽2個体。
 A個体ー下のB個体より 
 出現率が悪い上、近くにも
 来ない。常連のカナダカモ
 メの中でも最も脚が短いか
 も知れない。
 B個体ー最も出現率が
 高く、よく近くを飛びまわ
 っている個体。写真図鑑
 などに載っているのも、こ
 の個体の場合が多い。
 常連のカナダカモメの中
 では嘴が最小?。
 A個体
 この日もB個体は岸壁近
 くを行き来しながら、長時
 間飛びまわっていた。
 この個体が来なくなると
 カナダカモメの観察、撮影
 は今ほど容易ではなくなる
 かもしれない。
 1987年12月、
 B個体の記念すべき
 最初のショット