最新・カモメ情報

 2001年12月17日の千葉県銚子漁港 :今のところ今シーズンは数が少なめの傾向があるが、
 見られる種はほぼ出揃った。
 ・カナダカモメー成鳥1、幼羽1 ・ホイグリンカモメー成鳥約8、幼鳥2(セグロカモメとの中間的
  個体も含む)・シロカモメー成鳥1、幼鳥2 ・ワシカモメー成鳥2
 ・モンゴルカモメ(キアシセグロカモメ)−成鳥の可能性の高い個体3、幼鳥2 
 ・ミツユビカモメー成鳥2 ・シロカモメとセグロカモメ?の雑種ー成鳥2 
 ・カモメー成鳥3、第1回冬羽2 ・セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメー多数
カナダカモメ(右)
この個体も 10年以上
前から渡来している個体。
背の色はカナダカモメの
中でも淡いほうで頭の斑
も少ない。左のセグロカ
モメと比較すると嘴と脚
が短く細い。頭の形の違
いにも注目!。カナダカ
モメの嘴の色はこの個体
のように地味で、鮮やか
さに欠けるのが普通。や
や黄緑色を帯びることも
多い。
ホイグリンカモメ(左):右のセグロカモ
メと比較すると、全体に
細く引き締まった感じに
見える。嘴の色が鮮やか。特に赤斑が大きいことに
注目!。頭から首の斑の
違いもよく判る(ホイグ
リンカモメの斑は細く鋭
い縦斑)。背の色はこの
写真では向きが違うので
単純には比較できないが、セグロカモメより濃い。
脚はホイグリンカモメが
黄色で、セグロカモメは
ピンク。
ワシカモメ:頭から首
にかけての特徴的な灰褐
色斑に注目!
ミツユビカモメ:左に
写っているのはカモメ成鳥。脚の長さがかなり違う。

Back