◇沢山〜吉兆山〜桃山◇
 

2004.2.11(祝)。今年の初遠足は何処にしようかな?などと考えているうちに、1月が
終わっておりました(笑)。この調子じゃ2月も過ぎ去ってしまう.....。てなわけで、沢山
へ。何故、沢山に向かったかと申しますと........だって、バイクで走るのが寒いんだもんっ!!
どうせ沢山に登るんなら、隣の吉兆山桃山も登ってしまおう。           

 

寒さをこらえながら、出発地点の坂尻に到着。
手足と顔面が凍り付いております(笑)。
寒いを通り越して痛いっ!!
まず、上の水峠を目指し、写真の坂を登ります。

上の水峠への道は、東海自然歩道のハイキングコースで、歩きやすい........んでしょうね。凍ってなければ(笑)。
上の水峠に到着。
沢山、沢の池方面へ、分岐を左折します。
上の水峠を過ぎて間もなく、やっと迎えた日の出。
さすがにこの時間に登っている人はナシ。
程なく、京都一周トレイルの標識あり。
標識に従い、南方面へ。

標識に従って入った谷は、このザマ。倒木だらけで、わずかに踏み跡らしきものがあるのみ。
本当にこの道なのか?
とりあえず、谷を山頂まで詰めることにし、ただただガムシャラに進む。

山頂手前で立派な尾根道に合流。
ほら見ろ、やっぱり間違えてたんだ(苦笑)。
とりあえず 沢山山頂に到着。
山頂から南へ下ると、桃山への分岐あり。
ここから進路を東へ。

分岐から稜線伝いに東へ。
まずは吉兆山を目指します。
適度にアップダウンのある、心地よい道であります。
南側の潅木の隙間から、市街地がチラホラと見えました。

稜線から吉兆山への登り口に、小さな標識あり。
先程の分岐から5分ばかりで、吉兆山山頂に到着。
展望も無ければ広場も無い。
愛想の無い山頂ですね(笑)。
先程の稜線に戻り、さらに東へ。
桃山登り口手前に、見晴し台がありました。
その見晴し台から見た、京都市街の展望です。
見晴し台から程なく、桃山山頂(桃山なのでピンク色にしてみたりして....笑)に到着。
こちらも吉兆山と良い勝負が出来そうな、愛想の無い山頂ですね(苦笑)。
先程の稜線を西へ戻ります。
吉兆山分岐を過ぎ、さらに西へ戻りますと、吉兆谷への分岐がありました。
ここを下って、出発地点の坂尻へ戻ります。
自然林の中を下ると間もなく、植林地へ入って行きます。

植林地に入ると間もなく、林道がすぐそこに。
吉兆谷は行程の半分以上が林道でした。
坂尻までのんびりと林道歩きですね。

 

遠足INDEXに戻る