「氷室〜十三石山「

 

2002.4.28(日)。天気は快晴。今回の遠足には職場のN氏が参加。N氏とは以前にも
御一緒した事があるのだが、その時は登り口から10分程度で既にバテておったと言
うツワモノであります(笑)。N氏曰く、「この間、比叡山に登ってきた。」との事。
私は半信半疑でありましたので、今回片道1時間程度のショートコースにおつきあい
頂く事に相成りました。                           

 

今回の出発地点の京都市北区氷室。
さすがに日曜日の早朝ですので、人っ子一人おりません。
am7:00前でありましたが、すでに暑いっちゅーの!!

氷室の集落の民家の間を抜けまして山道へ。
写真は満樹峠方面(直進)と小峠方面(右折)の分岐地点です。
私達は直進し、満樹峠を目指しました。
ここら辺は『京都一周トレイル』と言うハイキングコースになっておりまして、道も広く歩きやすいのでございます。

先程の分岐を直進致しますと、だんだん勾配が上がって参ります(と言っても大してきつくない)。
暫く進みますと、身の丈程の笹が道に覆いかぶさってきております。
笹を掻き分けながら更に進みます。
で、辿り着きましたのが『満樹峠』。
窪地のような峠でございます。
鬱蒼とした暗い峠でした。
ここを下れば市の瀬から来ている『早刈谷林道』へ。
私達は山頂方面へ尾根道を登ります。
『満樹峠』の標識です。
朽ち果てかけておりますので、次回来た時には標識が無くなってるかも。
この標識が無かったら、ここが『満樹峠』とは気が付かなかったかもしれない。
『満樹峠』から山頂への尾根道は、比較的歩きやすい楽な道でありました。
が、途中で分岐があり、そこで誤った道を選択し(左側の道に入った。正解は右)、『早刈谷林道』へ下りそうになる。
何故か必ず1回は道を誤る私でありました。
もう一度尾根道に戻り、ようやく山頂に到達。
出発点の氷室の標高が既に高いのと、『十三石山』の標高が500m未満であるという事で、殆ど疲れないで登れましたね。
N氏もまだ余裕の表情でした。

十三石山から京都市内方面の展望です。
思っていたより市内までの距離が遠かった。
もっと近くに見えると思っていたのだが......。
でも、抜群の展望でありました。

お約束通りの『三角点標石』でございます。

 

遠足INDEXに戻る