◇越畑〜地蔵山〜愛宕裏参道◇

2003.9.28(日)。地蔵山へは今までも何度か行こうと思った事があるんです。
しかし、なぜか後回しになってたんですよ。で、「今日は絶対地蔵山へ行くぞ!
」と話しておりましたら、「今の季節はヤブが凄いで〜」と皆が口を揃えて言う
のです。そっかぁ....ヤブがきついのか......じゃあ余計に行きたくなっちゃった。
ってなわけで、地蔵山レポートでございます。果たしてどうなりますやら..........。

出発地点の越畑に到着。
時間はam6:30。
この辺りは地蔵山の西側になるので、好天にかかわらず、まだ薄暗いのであります。
畑の横に転がる大きなカボチャ。
これ、新聞に載ってたような記憶があるのだが......。
越畑集落を抜け、芦見峠への取り付きへ到着。
ちゃ〜んと道標もあります。

25分程で芦見峠に到着。
ここから尾根伝いに登ります。
写真は峠から地蔵山への登り口です。

快適な尾根が続きます。
この調子で登れたら楽勝なのだが....。
山道左手に小屋有り。
この辺りはその昔、スキー場だったとか。
その名残の小屋ですね。
小屋周辺はこのように植林されております。
何となくスキー場跡のような感じはしました。
いよいよ勾配がきつくなってまいりました。
笹の中を直登します。
が、笹ヤブと言う程、茂っておりません。
急登が終わり、またもや快適な道が続きます。
いつになったらヤブが現れるのか??
突然、山中には不釣り合いなフェンスが有りました。
反射板跡地だとか。
反射板は撤去されていて、ただの空き地になっています。

反射板跡地のフェンスの先に祀られております西向宝庫地蔵尊。
西向と言うだけあって、西を向いておられます(当たり前か!?)

先程のお地蔵様から5分程で、山頂に到着
展望はありませんが、小広く明るくて、休憩するには良い感じだ。
今日は風が強くて少々肌寒い。
が、とりあえず弁当を食う(笑)。
山頂を後にしまして、愛宕山方面へ下ります。

目の前に大きな反射板が出現。
この辺りは展望が良いとガイドに書いてあったが、今ひとつ。

反射板を過ぎた辺りから見える、愛宕山です。
2つに割れたてっぺんが特徴的。
一体、いつになったらヤブになるのさ??
一番繁っているところでも、こんな感じでした。
おっ!分岐だ。
左へ行くと愛宕山頂。
私はまっすぐ樒原方面へ進みます。
先程の分岐から1分程で愛宕裏参道に出てしまいました。
結局ヤブ漕ぎは全くナシ!!
愛宕裏参道に出た辺りから、亀岡方面 の展望あり。
後は樒原へ下るのみ。
写真は神明峠方面への分岐地点。
小さな金網のフェンスの中に地蔵様がおられます。
私は、車の轍の付いた道を進みます。
樒原へ下る途中、2台の車が抜き去って行きました。
今日は愛宕神社でお祭りが有るので、資材の運搬をしているらしい。
しかし、こんな道よく車で通るなぁ。
私はご免被りたい(笑)。
裏参道の登り口の樒原に到着。
出発地点の越畑にバイクを止めているので、ここから府道を歩かねばなりません。

 

遠足INDEXに戻る