◇直谷〜魚谷山〜松尾谷◇

 

2003.9.7(日)。9月に入ってから連日の猛暑!!「もういやっ!」        
ってなわけで(どんなわけだ?)北山の中心部とも言える魚谷山へ行ってまいりました。
早朝からすごく良い天気。今日も暑くなりそうだ.......(苦笑)。           

 

出合橋バス停を中津川沿いに2キロ程入り、松尾谷と直谷の分岐地点に到着。
今日はここから出発致します。
右手の直谷林道に入ります。
で、左手の松尾谷林道から帰ってくる予定です。
歩き出すと間もなく未舗装になりました。
どうも私は舗装された道を歩くのはイヤなので、ホッとひと息。
流れに沿って歩く事約25分。
木橋がありました。
貴船山への分岐であります。
貴船山分岐を過ぎたあたりで、前方に目的地の魚谷山の姿がみえました。
間もなく、直谷山荘の横を通過。
さらに林道を進みますと、2つ目の山小屋である麗杉荘がありました。
この時、左手の方からガサガサという音がするので、そちらに目をやると............えっ?もしかして??.........熊??
熊(だったと思う)は私なんぞに目もくれず、山中に消えて行きました。
気を取り直しまして、さらに進むよ直谷林道。
左手に柳谷峠を示す道標がありましたが、このまま林道を進みます。
滝谷分岐に到着。右へ行くと滝谷へ。
林道はこのあたりでおしまい。
私は左の山道に入ります。

山道は杉林の中を進んでまいります(意外と明るい)。

笹が現れはじめた頃、左手の岩の上に、今西錦司氏の記念碑がありました。
先程の記念碑を過ぎますと、北山荘への分岐あり。
分岐を左に取りますと、徐々に流れが細くなり、勾配がきつくなってまいります。
写真は柳谷峠への登り(細ヶ谷)。
笹が生い茂っております。
柳谷峠に到着。
魚谷山山頂へはあと少し。
柳谷峠から山頂に向かう道はこんな感じでございます。
峠から10分足らずで魚谷山山頂に到着。
狭い山頂で、展望もなし。

魚谷山山頂にある、三角点の標石でございます。

山頂をあとにしまして、次に向かうのは魚谷峠。
潅木の中を下って行きます。
魚谷峠に向かう途中、京都市内の展望あり。
と言っても、木々の隙間にほんのちょっぴりだけ。
写真はかなりズームアップしてあります。
魚谷峠に着く直前に、城丹国境方面の展望が開けました。
ちなみにこの写真はズームしてません(笑)。

前方に立派な林道が見えてきますと、間もなく魚谷峠に到着。
ここから松尾谷へ下る道を探したんですが、いくら探してもありませんでした。
誰か御存知の方、おられませんでしょうか(笑)。

で、仕方なく松尾谷林道を下る事に致しました。
峠から少し下ると舗装道路に。
出発地点の直谷との出合まで、およそ45分程、延々と林道を歩くハメになりましたとさ。メデタシ、メデタシ(メデタくないっ!!)。

 

遠足INDEXに戻る