「岩倉〜瓢箪崩山「

2003.3.23(日)。気がついてみると、この絵巻は北山の西方面に偏ってるぢゃないか!!
ってなわけで、今回は東寄りの瓢箪崩山(532.4m)に登ってまいりました。岩倉から登るか
、大原から登るか、どちらにしようか迷った末に、登山口が近い岩倉から登る事に致しま
した。岩倉に着いたものの、登山口がわからず、地元のオッチャンを捕まえて尋ねてみた
のですが、ひとこと「知らんなぁ〜」と言われてしまいました(笑)。        

 

というわけで、やっとこさ見つけた登山口です。
登山口の左脇に『聖護院門跡』と書かれた石碑があります。
これが目印とされていたのですが、小さな石碑なので見落とす事必至かと思われます。
先程の石碑から1〜2分歩くと、今度は右手に『朗詠谷』と書かれた石碑と瓢箪崩山への道標がありました。
『朗詠谷』の石碑からすぐの所、左手に飛騨池という貯水地が現れます。
飛騨池を過ぎると林道に。
こんな感じの歩きやすい道ですね。
間もなく分岐。
これを左へ入ります。
分岐を過ぎ、更に進むと、だんだん勾配が増してまいります。
林道終点に到着。
ここから谷道を離れ、寒谷峠までジグザグの急坂です。

寒谷峠までのジグザグ道を急登中。
10分少々で峠に到達しました。

寒谷峠に到着
6本の道が分岐する峠で、展望はなし。
ここから山頂へ。
寒谷峠から山頂に向かう道です。
大きな岩を乗り越えるような感じで進みます。
岩を乗り越え山頂へ....。

ひとつピークを過ぎ、次のピークが山頂です。
めでたく山頂に到着
展望はないが、結構広い山頂でございました。
ここで朝食をとりました。

山頂にある三角点標石です。
下りは、山頂から南の尾根を下ります。
間もなく八瀬からの道に出くわします。
ここを右に入り、寒谷峠に戻ります。
寒谷峠への道です。
勾配はほとんどなく、大変歩きやすい道でした。
で、寒谷峠に戻ってまいりました。
大原へ抜けたいなぁ......。
などと思ってはみるものの、バイクを岩倉に置いているので、仕方なく来た道を戻り、岩倉へ下山いたしました。

 

遠足INDEXに戻る