「保津峡〜愛宕山「



2003.3.16(日)。登り慣れた感のある愛宕山ですが、このコースを辿るのは初めてでございました。
愛宕山の南端より登るこのコース。午後から雨という予報の中、登山口のある保津峡へと向かいまし
た。今回は、同行者無しの単独登山でございました。                      

 

am6:30。保津峡に到着。
霧が濃く、景色が全くと言って良い程見えません。
写真は登山口付近から見た、JR保津峡駅です。

ここが登山口です。
地図には保津峡駅の橋より水尾寄りに記されておりますが、実際は反対方向の落合寄りに少し行った所にあります。
右手の山道に入ります。
山道に入ると、いきなり急登が。
ほんの10分程ですが。
急登が一段落つくと、一転、快適な尾根道が続きます。
途中、西方面に展望が......ない (笑)。
濃霧で視界が殆どありません。

米買い道分岐が近付きますと、杉林が現れました。

(米買い道......愛宕山の麓を横切るような形で、落合と水尾を直結する山道)

で、米買い道分岐に到着
右へ行くと落合。左へ行くと水尾に至ります。
この交差点を直進し、尾根伝いに登ります。
分岐からの尾根道が、これまた急登でありました。
雪解け直後の道が、ベチャベチャで歩き難いったらありゃしない。

急登が一段落したころ、解け残った雪が現れ始めました。
この調子だと山頂は......

 

右手に清滝からの表参道が見えてきました。
どうやら七合目小屋の少し上あたりのようです。
表参道と合流
ここからは登り慣れた道ですね。
合流地点からほんの少しで、水尾分岐の小屋に到着。
あまりに腹が減ったので、ここで朝食をとる事にしました。
腹ごしらえが終わり、いざ山頂の愛宕神社へ。
写真はガンバリ坂と呼ばれる坂です。
ここまできたらもう一息だ。
そのガンバリ坂より西方面の展望です
やはり麓は真っ白ですね。
愛宕神社の黒門に到着
道は雪が凍ってツッルツル。
足周りの装備を持参しなかった事を後悔するが後の祭り。(苦笑)
何度も転びそうになりながら、ようやく愛宕神社に到着
本殿へは、さらに奥の石段を登ります。
問題は下山ですね。
果たして無事に下山出来るのでしょうか??





遠足INDEXに戻る