伊豆ヶ岳〜子の権現
(いずがたけ〜ねのごんげん)
  (標高 851m)


山行日 2008. 2.2
所在市町村名 埼玉県 飯能市/名栗村
メンバー makoさん、だんべえ
コース   正丸駅 〜 馬頭尊 〜 長岩橋 〜 五輪山 〜 伊豆ヶ岳 〜 古御岳 〜 高畑山 〜
  
(9:00)   (9:25)    (9:35)    (10:25)   (10:45)   (11:20)   (11:50)
       
    中の沢の頭 〜 天目指峠 〜 子の権現 〜 降魔橋 〜 浅見茶屋 〜 吾野駅 === 正丸駅 
     
(12:10)     (12:35)    (13:50)   (14:40)   (14:50)   (15:35)   (16:05)

※市町村合併により、所在地名が変更になっている場合
があります。調査不足で誤りがあるかもしれませんが
もし、ご存知でしたらメールでお教えいただけると幸いです。
今後のレポート作成に活用させていただきます。


今年は「子年」なので、ぜひとも
歩いておきたいコース。
でもって、足、腰の衰えが
気になる今日この頃・・・なので
今回、makoさんの要望もあり
軽く歩いて、足腰復活の祈願も込めて
行ってきました。
同コース、年々前に歩いたのか
すっかり忘れてしまいました。

これが、その後の予定に大きく
影響が出ました・・・・"く(""0"")>なんてこった!!"

出発点の「正丸駅【しょうまるえき】」
右手の、日帰り専用駐車場に車を置いて
駅前の売店で、駐車料金500円を納めます。
駐車場には、登山者のものらしき車は
私たちだけ・・・。
駅に電車が入ってくると、ぽつぽつと
登山者が改札口から出てきました。
みなさん、この階段を下って
正丸峠方面へ向かって、歩いていきます。
私たちも後について・・・。
鈴木屋さん(なつかしいおばあさんは、
今でも元気かなあ・・・)の前を通って
狭い舗装路を進みます。
ミツマタの新芽が目立っていました。
20分程で、分岐点の「馬頭尊」
右にそのまま進むと、正丸峠に。
今回は、足慣らしもあるのでショートカットで
左へ進みます。

(On Mouse)
整備されて、良く歩かれている小道。
杉林が、ちと気になります・・・。
さらに10分程で「長岩橋」
沢の脇を歩きながら、段々と
傾斜がきつくなってきます。




木の根が張り出した急斜面を、へーへー
しながら登って行きます・・・。


こんな斜面が出てきます。
僅かですが、一気に登り尾根上に

右に進んでいくと、尾根道は左に
緩く曲がって行きます・・・。


目の前に巻き道と、直登が・・・。
makoさんは巻き道へ、私は直登すると
ここは
五輪山山頂・・・。
山頂を下ると、巻き道と合流。
そして伊豆ヶ岳最後の難所
男坂が目の前に・・・。


自己責任・・・ガイドブックには
落石防止のため、通行止と書いてありますが
皆さん、登っているようです。
実際、今日も一組登っています。

少し間を置いて、登っていけば
問題ないということで、そのまま登ります。
ちなみに、心配な方は右へ巻き道「女坂」が
あるので、そちらへお進みください。(^。^;)ホッ!


     
特に危険なところは無く、確実に三点支持を守っていれば登れますね。
ただし、雨のときはスリップによる、滑落には注意したほうが・・・。

上から見下ろすと、結構緩い岩場。
でも、滑って転がると下まで転落だな・・・(>_<)
登り上げて、左へ巻いて進むと
大きな岩が。それも巻いて行くと・・・。
山頂までは、僅かな尾根歩き。
段々開けてきて、遠くの景色も見え始めます。


白い山は浅間山。御荷鉾山も見えます。




見えてきました山頂が!



山頂は静かです・・・
ちょっと雲が広がってきましたが、暖かく
軽く燃料補給・・・。



今日は、のんびり出発だったので
出掛ける前に焼いた「パンケーキ」を
持って来ました。(ちょっと砂糖が足りなかったし
焦げてしまってます・・・ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ



さて、賑やかなグループがやってきたので
山頂をあとにしましょうか。
この斜面、落ち葉の下には凍った道が!



山伏峠への分岐を左に進むと
こんな木段が・・・。



登り上げると「古御岳」



【こみだけ】と読みます。標高830m
東屋があり、休憩するにはいいところ。
今の時期なら展望も望めます。



さらに、軽いアップダウンをすこしで
高畑山山頂。

【たかはたやま】標高695m



??ナローノ高畑山・・・
はて?どんな意味?\(?。?")ナンノコト?

意味をお分かりの方、教えてください!



      
雰囲気がいい杉並木ですね。


歩きやすい道ですが、所々こんな急な斜面も・・・。


また、大岩の脇を通ったり・・・









このあたりから、「アセビ」の木がたくさん
目立つようになり、ちょっとした群落になってます。

杉、ヒノキに混じって時折
こんな大木、モミの木。

前回は、確か岩場の道を
選んだような・・・ので、今回は
変わった名前の「イモグナノ頭」へ・・・。







中の沢の頭「イモグナノ頭」
三等三角点がありました。
標高は622.7m
約20分程で、天目指峠【あまめざすとうげ】
ここには車道が通っています


登りはもう無いかな?と思っていたら、なんとなんと
結構、急登が続くじゃないですか!
たまらずmakoさんからクレーム・・・。
そういえば、お昼過ぎたけど、ランチしてない
ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
ということで、子の権現手前にこんな開けた
場所があったので、ここでランチ。
今日は、うちの近くにあるキムチ専門店で
GETした、激辛ラーメンを作って食べます。
お味は・・・?
Y(>_<、)Y ヒェェ! 辛い!
熱くないのに、口の中にスープが入っていかない!
さて、燃料も補給したので足腰復活の祈願に・・・


今年は子の年という事もあって、ご開帳だそうです。










有名な「大わらじ」でっかいです!



線香一束100円。
真ん中に立てて、煙を頭に・・・ちがうっ!
腰、膝っ!(^^;




福寿草見っけ!早くも咲いていますね♪


お守り買おうとしたら、この猫ちゃん店荒らしなど・・・
しかし、子の権現にいる猫ちゃん。
肩身が狭いどころか、大手を振っていますねぇ〜。
ひょっとして、招き猫?(笑)


振り返り、山門です。
もっと、観光客がいるかと思いましたが
意外と静かでした・・・。


さて、ここでmakoさんが「この道標に従って
以前は歩いた・・・」と言う。
「なんか違うな〜・・・」と思いましたが、
言うことを聞き入れて、杉林の中に
入っていきました。


歩いていくと、「やっぱりおかしい・・・」
こんな橋、見たこと無い!

降魔橋【こうまばし】と言います。

結局、makoさんの思い違いで
吾野駅までのコースに・・・。


廃屋が点在する道を、とぼとぼ・・・。
浅見茶屋【あさみちゃや】です。


東郷公園まで下り、高麗川の手前を
右折(道標があります)して線路に沿って
少し登っていきます・・・と、こんな看板が!
冬だから、大丈夫でしょう。(^。^;)ホッ!


西武秩父線・急行がすぐ下を通過していきます。


さて、ここで注意です!
吾野駅に近くなり、こんな道標が・・・。
「ふみきりを渡る」と書いてありますが実際には渡らず、
手前を左に、線路に沿って進むのです!
間違った看板です!(立てた時は反対にあったのかな?)
いずれにしても、注意してください。

(間違った登山者が居たので、危うく行きそうに
なりましたが・・・セーフでした ( ^_^ ;) )


吾野駅に着きました・・・。やれやれ。
電車待ちしていると、四方八方から
登山者がやってきます。皆さん、ほとんど
東京方面の列車に乗っていかれました。

われわれは、下り線。



この奥武蔵周辺の山々は、低山ながら
変化に富んだコースが多いようです。
芦ヶ久保駅から高麗駅までの間、
たくさんの見所が詰まっています。
ただし、駐車場が意外と無いので
マイカー登山組にとっては、辛いところでもありますね。


マイカー組に貴重な情報がありましたら
ぜひ、お教えいただけるとうれしいです。
( '-'*)ヨロシク♪







2008年 前半・山行/お出かけ記録へ