高城〜袴腰山
(たかじょう〜はかまごしやま)

〜ヒメサユリの小径
  (標高526m・袴腰山)


山行日 2007. 6. 2
所在市町村名 新潟県 三条市
メンバー abeちゃん、なんちゃん、nomuさん、ふたさん、makoさん、だんべえ
コース
 漢学の里 === 長禅寺登山口大洞登山口 〜 高城 〜 袴腰山山頂 〜 
  
                        
                 八木ヶ鼻 〜 
八木ヶ鼻公園 〜 漢学の里
   

※市町村合併により、所在地名が変更になっている場合
があります。調査不足で誤りがあるかもしれませんが
もし、ご存知でしたらメールでお教えいただけると幸いです。
今後のレポート作成に活用させていただきます。


去年、初めてこの場所でみたヒメサユリが、とても見事だったので
この素晴らしさを他の方にも・・・・で、今年はちょっと皆さんを巻き込んでの
ヒメサユリオフとなりました。

当日、去年お付き合いいただいたんがおダンナさんと、んがおRさん
今年は諸事情でお見送りと言うことで、わざわざお出かけいただきました。
他の皆さんとも、久しぶりということで、早くも花が?咲きました・・・。

さて、天気はちょっと怪しい・・・。降るか?もつか?の様相。
シャトルバスに乗り込み、登山口の長禅寺から歩きます。

 

境内を通らせていただき、杉林の道を抜けると、舗装された林道に。
ここで、ヒメサユリ保護協力金として一人二百円を納めて
山道に入っていきます。

 

ぽつん、ぽつんと目的のヒメサユリが咲いています。
段々、花数が多くなってくると皆さんの歩行スピードが、ガクンと落ちます・・・

もっか、ひめさゆり祭り開催中ということもあって、小径にはたくさんのハイカーが・・・。
しばらく、ヒメサユリの花の絨毯(オーバーかな?)を見ながら進み、
数が少なくなってきたと思ったら、今度はヒメシャガです。
意外と多かったんですね。

 



キツイ登りも無く、最初の目的地
高城に着きました。山頂広場には、訪れたハイカーで賑やかです。
軽く休憩を摂り、目指す袴腰山へと向かいます。

  

胸突き八丁、心臓破りの坂、距離はないものの、キツイ登りが続きます・・・。
天気が曇天、と言うこともあってそれほど暑さは感じませんでしたが
時折吹く風が、気持ちよかった〜〜〜。
山頂は、あまり広くなく団体さんがやってくると、それで満杯状態。

展望は曇り、ということもありよく見えませんでしたが、遠く佐渡の島は
見えていました。守門岳は見えません。
ランチは、粟ヶ岳が大きく見えるあの場所で・・・ここも人が一杯!
なんとか場所を確保。残念なことに、粟ヶ岳は山頂部分が雲に隠れて見えません。

さて、下山は八木ヶ鼻経由です。
のっけから急下降。

  

ロープに頼りながら、一気に下ります。雨の日は下りたくないですね。
下りきったところで、粟ヶ岳へとつづくコースと合流。
とは言っても、かなり粟までは長そうなコースですよ・・・。

痩せた尾根道ですが、平らで時々急下降しますが
ほんのちょっとで、八木ヶ鼻との分岐。
時間があるので、八木ヶ鼻山頂へ。展望はばっちり(晴れていればもっと良い!!)



樹林帯が、杉林に変わると八木神社脇。そのまままっすぐに進み
八木ヶ鼻公園。園内、道路わきの東屋で一息つきます。ここから
シャトルバスで、駐車場まで送っていただきます。
(遅れましたが、祭り開催中はシャトルバスは無料で送迎してくれるそうです)

ヒメサユリ








ヒメシャガ











2007年 前半・山行/お出かけ記録へ