涸沢 一日目
(からさわ)
標高(2309m)


山行日 2006. 10. 8
所在市町村名 長野県 松本市
同行者 makotoさん、sumireさん、abeちゃん、なんちゃん
コース
上高地バスターミナル〜河童橋〜明神〜徳沢〜横尾〜本谷橋〜涸沢

※市町村合併により、所在地名が変更になっている場合
があります。調査不足で誤りがあるかもしれませんが
もし、ご存知でしたらメールでお教えいただけると幸いです。
今後のレポート作成に活用させていただきます。

紅葉といえば「涸沢」
いつかは行きたいな・・・
と思い今秋、密かに計画。
その計画に、makotoさん
abeちゃんなんちゃん
が乗ってくれて、念願の
涸沢に行ってきました。

当初は、何処かのピークを
踏もうと考えましたが、今回は
テン泊。
欲張りせず、カールの紅葉を
楽しもうと、のんびりハイクでした。

天気が心配です。
低気圧が急激に発達中・・・。
そんな中、前夜に沢渡入りしました。
雨です。風も強い。
明日の好天を期待しつつ、到着祝いを
軽く3人で交わし、仮眠。

翌朝、雨です・・・。風もまだ吹いています。
夜はそれほどでもなかった駐車場、
今は満車状態です。

小型タクシーで上高地入りして、
m&sさんたちをお待ちします。
お二人とはGW以来です。
なんとか合流、雨具を装着し
イザ、涸沢へ。

テン泊装備、谷川岳以来ですが
重い!肩に食い込みますがまだ元気。
それにしても、登山者、観光客が多い。
登りも多いけど、下山組みも・・・。


途中で見えた虹。目の高さでした・・・。

河童橋、小梨平、明神と
まだ紅葉は早いですね。
徳沢から横尾、そしていよいよ
本格的?に登山者のみの世界に。

そういえば、
ジオンさん和たんたちが
今日、下山しているはず。
もしかしたら・・・と考えていましたが
パノラマコースを、きっと歩くだろうと
諦め、進んでいるとなんと
お会いすることが出来ました!

聞くと、昨日は大荒れで
今朝も悪天の為、パノラマは
諦めたそうです。
狭い登山道での立ち話でしたが
お二人と、akiraさん
お会いできてよかった。

さらに、なんとROCKYさんとも
お会いできました。
奥様と、穂高岳山荘から
下山してきたそうです。
なんでも、遭難が相次ぎ
今朝も、雪で足止めだったそうです。
かなり、厳しい下山だったと
ROCKYさんのお話から、想像着きました・・・。

登山道は大渋滞!
譲り合いながら、一列になって進みます。
山に来て、こんなに混んだのは
初めてです。

本谷橋を渡り、Sガレを通過。
晴れていれば、ここからも
きっと良い景色が・・・。

だいぶ疲労が溜まってきたのか
足が重くなってきましたが、ヒュッテが見えてきたので
頑張ります。
そして、涸沢ヒュッテに到着です。
風が強くて、寒い!
名物の「おでん」と生ビールで
乾杯は・・・できそうもありません。

早々に、天場に下り受付を済ませ
今宵の我が家の建設に・・・。
意外と空きがありますね。
風が強いので、協力し合い
何とか完成。
中に入って・・・と思ったら
なんと、足が攣ってしまいました。
それも
あちこち・・・。
寒さが効いたようです。

みなさんに申し訳なかったのですが
一人、テントの中でひたすらマッサージ。
使い捨てカイロ、持っていてよかった。
なんとか、回復。
今夜は、我が家で夕食となりました。

sumireさん、abeちゃん、なんちゃんから
沢山の肴をいただき、乾杯。
「これ、ビールに合いますね」
「これは日本酒にも・・。」
「ウイスキーにもいいねえ・・・」
皆さん、飲みっぷりいいです。
嬉しいですね、美味しいですね。
ご馳走様でした。

さてさて、寝ましょうと
横になったら、そのままzzzz・・・。
外は風が物凄い音で
テン場を駆けていますが
呑気に寝てしまいました(笑)。

夜も更け、やっと目が覚めました。
外が大分明るいので、トイレがてら
出てみると、月が出ています。
月明かりに照らされ、北穂が浮かんで見えています。
これは、凄い!
何枚かシャッター切りましたが、
寝ぼけて旨く撮れませんでした。

でも、その割りに暖かい夜です。
明日はきっと良い天気。
期待しながら、再度シュラフに
もぐりこみました・・・。

この日は、画像が少ないのですぅ・・・
だって、天気悪いから・・・。
翌日にまとめます(謝)。


夜の涸沢カールと北穂


涸沢 二日目 へ







2006年 後半・山行/お出かけ記録へ