鼻曲山
(はなまがりやま)
  (標高1655m)


山行日 2006. 8.20
所在市町村名 群馬県 高崎市/長野県 軽井沢町
同行者 makoさん
コース
二度上登山口〜獅子岩〜氷妻山〜鼻曲山頂
  (7:50)   (8:05)  (8:30) (9:40) 

鼻曲山頂〜氷妻山〜獅子岩〜二度上登山口
 (9:50) (10:40) (11:05)  (11:15)

※市町村合併により、所在地名が変更になっている場合
があります。調査不足で誤りがあるかもしれませんが
もし、ご存知でしたらメールでお教えいただけると幸いです。
今後のレポート作成に活用させていただきます。


以前、鼻曲山にレンゲショウマが
咲いている痕跡を見つけ、
さらには、北面に群落もあるという。

何年か見送ってしまい、
やっと出掛ける事が出来ました。

当日は天気があまり良くなく、
蒸し暑いことが予想できた。
登山口は長野県と群馬県の県境、
二度上峠。
駐車は路肩に何台か可能ですが
カーブ地点なので、心配なら
少し群馬側に下ったところに、
駐車スペースがあります。

登山者はどうやらいないようです。
こんな蒸し暑い時期、こちらからは
大変辛いのでしょう・・・。


緑が深いのですが、風が無い!

笹の道は、昨夜の夜露?雨?
でたっぷり水滴を乗せています。
おかげで膝から下はびしょびしょ。


獅子岩手前の梯子

獅子岩まではなだらか。
氷妻山へは、ちょっとした
急登があります。蒸し暑いのは
覚悟していましたが、最悪です。




ガスが巻いてくると
辺りが急に暗くなります。
天気が気になりますが、目的の
レンゲショウマ見るまでは・・・・。

途中、小花畑が鞍部にありました。
気持ちが落ち着きました。



最後の急登?十数年ぶりに
こちらから登ったので、雰囲気を忘れてしまい
何度も最後の急登、を繰り返してしまいました(笑)。

ありました!
うんうん、確かに沢山咲いてます。
でも、場所がかなりの急角度地点。
思うように動けません。近くに行きたくても
植物を踏んでしまいそうです。

仕方ありません。
望遠と、そばに咲いている花で
我慢です。







暗いので、群落の様子が撮れません。


蒸し暑いのに加えて、
ムシが多い!!
makoさん、今回も集中攻撃されています。
日焼け止めクリームが
ムシを呼ぶようです。

山頂に着きました。
が、ガスで浅間山は勿論、
あたり一面、乳白の世界です。
一組、小天狗に陣取って
宴会を始める様子。

落ち着かないのと、
ムシがひどいので
そのまま下山開始。


小天狗山頂

そのまま氷妻山まで、だらだら
とにかく、立ち止まると
無視の攻撃。

氷妻山山頂で、燃料補給。
登山口に戻るまで結局、二度上峠からの
登山者は一人も出会いませんでした。

この時期、この山を歩く場合
(二度上峠から・・・)
まず、スパッツ・汗拭きタオル・虫除けスプレー
は必携です。

でも、レンゲショウマの群落が
待っているので、
ムシ暑さとムシ
ちょっと我慢・・・かな?














2006年 後半・山行/お出かけ記録へ